1. Top
  2. 新着情報
  3. 納税協会長会議を開催しました。

新着情報

納税協会長会議を開催しました。

2017.06.07

講演納税協会長会議を開催(写真01).jpg

「企業経営者が実践すべき防災対策と危機管理」

講師
防災システム研究所所長
山村武彦氏

  納税協会連合会は、3月23日(木)、大阪新阪急ホテルにおいて、藤田大阪国税局長をはじめ国税局幹部を来賓としてお迎えし、83納税協会の協会長及び常勤役員出席のもと、「納税協会長会議」を開催しました。当日は、まず、尾崎会長のあいさつに始まり、藤田 大阪国税局長の来賓あいさつの後、防災システム研究所所長の山村武彦氏による「企業経営者が実践すべき防災対策と危機管理」と題 した講演が行われました。 山村氏は、講演の中で、防災・危機管理の基本原則について紹介され、地震が起こるのはまだ先だと思っている間は形式的な対策しかできず、明日地震が起こると想定した訓練を一度でも行うことで、安心して生活することができると話されました。

 続いて、火を消す訓練の前に火を出さない訓練をするなど「災害予防訓練」が必要であり、最近の震災を例に挙げながら、半日だけ電気・ガス・水道・電話を止めて生活する「在宅避難生活訓練」を行うことで、災害時に必要なものが分かってくると話されました。 また、東日本大震災が起きた際の映像などをスクリーンに映し、災害時の認知心理バイアスについて解説され、「生き残り訓練」を行わなければ命は守れないと話されました。最後に、転倒・落下物が少なく閉じ込められない「安全ゾーン」をつくることなど、企業経営者が実践すべき危機管理について解説されました。

納税協会長会議を開催(写真02).jpg

納税協会は、
会員によって運営されている
健全な納税者の団体です。

納税協会にご加入いただくと

  • 税に関する各種サポート
  • 書籍の割引購入
  • 会員専用の福祉制度

など、さまざまなサービスがご利用いただけます。会員には、法人を対象とした法人会員と個人事業者を対象とした個人会員があります。

ただいま会員募集中!

お問い合わせ